株式市場のこれからを鋭く予測
スポンサードリンク

18188円で週末を終える・・・一段と勢力高

2月24日(土)
今週の東京株式市場は、週の前半は日銀の金融政策決定会合を前に様子見ムードが強まったが、週後半は日銀の利上げを受け、かえってリスクが後退したことから買い優勢となった。
22日には2000年5月8日以来約6年9カ月ぶりに18000円の大台に乗せ、さらに本日最高値を更新し、18188円にて週を終えた。

注目された日銀の利上後でも、円高に振れなかったことや、長期国債の利回りが低下したことなどから今後の先高期待が強まる結果とcoなった。また、これまで長く低迷していた新興市場も反転局面を向かえ、市場心理が一段と改善された。本日の東証1部の売買代金は3兆5,000億円を超え、大商いの一日となった。

来週の株式市場は、各種の経済指標を睨んだ動きとなろうが、まだまだ先高期待が根強く、買い方のエネルギーも高水準なだけに堅調な動きが続きそうだ。

今週は日銀の利上げを受けた債券、為替市場の反応が注目されたが、再利上げ予測は大きく後退し、日米の金利差がすぐには縮まらないとの思惑から各種マーケットへの影響は限定的にとどまった。
当面の金融政策に対する不透明感も払拭され、当面の悪材料が見当たらなくなったことから株価は上値追いの可能性を追っている。市場エネルギーは一段と高まり、物色範囲も広がりをみせていることから、緩やかな上昇は続き、売り方の踏み上げ相場を呼び込む事態も想定される。

一方、徐々に高値警戒感も強まっていること、裁定買い残高が高水準であるため、下押す局面も押さえておく必要がある。
タグ:株式市場
スポンサードリンク
株式市場のこれからを鋭く予測

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。