株式市場のこれからを鋭く予測
スポンサードリンク

月曜日は権利落ちの日

今週の東京株式市場は、ようやく底入れ感が出てきたようです。
世界同時株安以降については、米国株の動向が最も大きな関心事となっていただけに米国株に引っ張られるように国内株も上値追いの模様となりました。

前週の末に中期的な上昇トレンドの下限にあった日経平均株価とTOPIXが反発したことで市場には全体的に安堵感も漂っていたように思われます。

来週の株式市場は月曜日が配当権利つき最終売買日となっています。
配当落ち分をするすると埋めるようなら先高期待が強いと見られ、同日の動きには目を離せません。
また月曜日に達成できないとしても、火曜日からも足元の景況感や企業業績動向をにらみながら配当落ち分をどのように埋めてくるかが注目されるところといえます。

週末は月末期末ということで目先の短期売買筋でさえも動き難い展開となるなかで、種々の重要な指標の発表が多く、特に消費者物価や家計調査、鉱工業生産などの数字を見ながら足元の景況感を探るように見る展開となるのでしょう。

米国市場よりは素直に、景況感が良いと思われれば買われ、悪いと思われれば売られるような模様となっていますが、もともとそれほど大きな期待はされていないだけに、予想を上回る展開となると大きく反応する可能性は侮れません。

タグ:株式市場
この記事へのコメント
TB有難うございました!
今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by 【投資・資産運用】インフォトップ売上げランキング! 07.3.24 at 2007年03月26日 05:49
TBありがと
Posted by ドン君 at 2007年03月26日 16:44
TBありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。m(__)m
Posted by トーガ at 2007年03月31日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク
株式市場のこれからを鋭く予測
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。